さみしくて、未来に恐怖して、いやちがう、現在に恐怖して、ゾッとしながら真っ暗な闇をぼうっと見つめながら過ごしている。

また、変れるのかな、どんな自分に変わればいいのかな、って思う。

このまま死ぬまでこうして暮らすのかな、って最近思う。叔父はそうだった。そういう人生もある。

自分がわからなくなる・・・どうしたいの?どう生きたいの?どんな未来を想像してるの?って。

触ると気持ちがどうにかなってしまうのでずっと触れずにいるものを、さっき少し捨てようかなって思った。本当は関係ないんだって少しだけ思えたから。